医療法人バークシャー

 みき内科クリニック

〒061-3207

 石狩市花川南

    7条3丁目42

TEL 0133-75-2525



みき内科クリニック 発熱外来

 2010年度のメキシコから発した新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)に際し、日本は世界一死亡率が低い成果を出しました。 皆保険制度、日本人の聡明さ、日本人医師の献身的医療(早期に特効薬を投与した)が主因だと分析されています。 これは誇って良いことと思います。 これからもみき内科クリニックはインフルエンザに対して最大限の予防医療、治療を提供いたします。 是非とも、発熱外来システムについてご理解、ご協力をお願い申し上げます。

発 熱 外 来 と は       発熱外来

 

  1. インフルエンザ感染が疑われる人を診察して感染の有無を判断し、治療する専門の外来のことです。 インフルエンザに係る診療を効率化し、混乱を最小限にするための専門外来ともいえます。
  2. 診療所内での二次感染を防ぐためには発熱外来と一般外来は分ける必要があります。

         発熱外来ご利用の手順(まずお電話下さい

          電話 ⇒ 発熱外来 ⇒ 治療(簡易陰圧室)

  1. みき内科クリニックでは10月15日から4月末日まで発熱外来を設けます。
  2. 熱発した方、家族の方は(0133)75−2525までお電話下さい。
  3. クリニック左前面の赤い発熱外来の扉横のチャイムを押して下さい。
    発熱外来入口(発熱外来入口)
  4. すぐに中より看護師が扉を開けてむかい入れます。
  5. マスクを差し上げます。 靴をビニール袋にしまい、外来の椅子にお座りいただきます。
  6. 問診票に記入後、トリアージ看護師がインフルエンザ簡易迅速検査などをして、医師が治療の指示を出します。
  7. インフルエンザの方、インフルエンザが強く疑われる方は簡易陰圧室で点滴などを行います。
     簡易陰圧室(簡易陰圧室)
  8. 医療費の清算は当院の事務員が発熱外来内で行うか、ご家族がご帯同の場合はご家族がクリニック受付で行っていただきます。
  9. 医師の判断で翌日や翌々日に再診療を行ったり、療養をしているご自宅にお電話をいたします。
  10. このシステムを知らなくて、また間違って通常玄関から入いられた発熱者の方は一度玄関外に出られて、発熱外来玄関から入って頂きます。 よろしくご理解下さい。